忍者ブログ

天使の翅

2007年08月08日
夏になると、ギャンギャンと、喧しく鳴き続ける蝉。
日中に就寝している身としては、あんな迷惑な騒音に、腹立たしくもあるのですが、愛しくも感じているんです。

今は、丁度夏休みの真っ最中!
たっくん(末っ子)に、蝉の羽化を見せてあげたくて、夜の八時ごろ、近所の都立公園へ行ってきました。
実は、と~ちゃん(私)の方が、蝉の羽化を見たかったのですが、子供をの夏休みの課題にかこつけて、連れ出しました

羽化直後の蝉の翅色は、私の感性では、天使の翅のように美しく、時間が経つにつれて、徐々に変化して行くさまは、正に神秘的に感じるのです。

新宿区の東京都立戸山公園は、人の手で作られた公園ですが、新宿のど真ん中だとは思えないほど、自然に満ちています。(ほんとかよ)

アゲハチョウ、モンシロチョウ、アオスジアゲハ、クロアゲハ、シジミチョウ類、セセリチョウ類、ジャノメチョウ類等の蝶々
色々な種類の蛾たち(毒蛾、茶毒蛾もいます)
カナブンや、ゴミムシなどの、甲虫類(残念な事に、子供達が大好きな、カブト、クワガタは、ペットショップやデパートで買います)
蝿や虻類(家バエは殆ど見かけませんし、ウシアブ等の、吸血アブはいません)
トカゲやカナヘビ、アメンボ、ザリガニ、でっかい蛙も気づかずに、よく蹴っ飛ばします。



昆虫嫌いの方には、ちょっとキツイかもしれませんので、「つづきを読む」以降に、画像をUPしました。
100-0005_IMG.JPG85e75843.jpeg
 






            



a654be2e.jpeg







拍手[0回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: